よくあるご質問

▶サービス対象地域はどこになりますか?

  • 2015年10月現在、東京都と大阪府、京都府になります。順次、兵庫県、神奈川県に拡大していきます。

▶対応可能言語は?

  • 英語のみとなります。中国語には対応していないのか、というご質問をよく受けます。確かに日本を訪れる外国人観光客のうち、中国人の占める割合は約30パーセントと最も多いのですが、個人旅行をされる中国人の方はほとんどが英語を使うことが出来ますので英語のみの対応とさせていただいております。

▶家具・家電・リネン類などは準備してもらえるのでしょうか?

  • 基本的には、お部屋を提供される方がご用意されるものになりますが、ご希望の場合には家具のご購入やレンタルなどを代行させていただきます。

▶オプション料金はいくらになりますか?

  • 以下のオプションは運営代行A、Bプランの共通でご利用いただけるオプション(ご希望の場合)に適用される料金になります。
    Bプランの料金は、Aプランの半額で提供させて頂いております。
                    Aプラン  Bプラン
    1.お部屋の写真撮影代行    28000円  14000円
    2.ハウスマニュアルの作成代行 25000円  12500円
    3.アカウントの作成代行    5000円  2500円
    4.リスティングの作成代行   7000円  3500円
    5.お部屋までの地図の作成   3000円  1500円

    B.以下のオプションは運営代行Bプランを利用される方が、オプションを望む場合に適用される料金になります。
    6.インテリア専門家の助言 28000円
    7.家具手配の代行 40000円
    8.家具の設置 40000円
    9.年度別収益一覧表の作成 5000円

    ※運営代行Bプランをご契約される方が3カ月以内にご解約される場合には解約手数料として上記1~5の合計である68000円をもらい受けます。

▶他に入居者のいる物件の場合、騒音などのトラブルはおこらないでしょうか?

  • Airbnbなどでは、旅行者であるゲストも、部屋を提供するホストから利用後に評価をもらうようになっています。またホスト側には事前に評価の低いゲストの宿泊を拒否することが出来る自由もあります。民泊本舗ではあらかじめホストとご相談のうえで、評価の低いゲストの宿泊を受けいれるかどうかのガイドラインを設定することによりトラブルを未然に防ぐようにいたします。

▶物件を所有していなくてもホストとしてAirbnbを始められますか?

  • 民泊本舗の運営代行プランにご加入される方には賃貸物件で、かつAirbnbなどの民泊を行っても良いとオーナー様からのご承認を得られている物件の情報をご提供いたします。

▶盗難、損壊などにあった場合、保証はしてもらえますか?

  • 民泊本舗としての保証はありませんが、Airbnbでは、そのような場合には最高1億円までの保証が用意されています。

▶一部のサービスのみ利用することはできますか?

  • 現在のところ、対応出来ません。

▶民泊本舗のサービスを利用することでAirbnbの利用規約に抵触することはありませんか?

  • ありません。民泊本舗のサービスはAirbnbの利用規約に則って運営されております。